本文へ移動
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社立山酒店
〒937-0066
富山県魚津市北鬼江740-2
TEL.0765(22)0378
FAX.0765(22)1044
1.和洋酒・輸入酒等の酒類販売
2.たばこ・清涼飲料・食料品等販売
3.醤油・味噌の製造販売
4.不動産の賃貸・管理
 

ワイン

新着ワイン

ジル・エ・カトリヌ・ヴェルジェ・コト-・デ・カー 2007 750ml         8,629円
  • ジル・エ・カトリヌ・ヴェルジェ・コト-・デ・カー 2007
    • ジル・エ・カトリヌ・ヴェルジェ・コト-・デ・カー 2007
生産者 ヴェルジェ
フランス
地域 ブルゴーニュ
タイプ 辛口・白
ぶどう品種 シャルドネ
容量 750ml
ヴェルジェ限定スペシャルオファー
彼の事を孤高の天才という。
限りなくピュアさを追求した造り。純粋なテロワールの表現の為に限界を超えた
生活をしているカトリーヌ&ジル・ヴェルジェ。
ブルゴーニュのテロワールを我々に知らせてくれる為に、生活そのものをかけて探求している
姿には世界中のファンが感動している。
 
栽培は勿論、ビオ栽培。いやそれ以上の厳しい妥協を一切許さない自然栽培。
ジルは天体の動き、特に月と地球と生体の関係の学者でもある。
「天体の動きに合わせて必要な時期に、散布をすればボルドー液でも年に2回~3回で足りる」
とジルは言い切る。ちなみにビオ栽培者でも10回ほどは撒く、多い年は
年に20回ほど散布することがある。
ジルは云う「ブドウ栽培で最も大切な事は”観察”である。葡萄木自体が今
何を必要としているのかを察知することが最も大切なこと」
ジルは毎朝、葡萄畑を周るのが日課になっている。
だから5ヘクタール以上は増やさない。

ビオ栽培の目的は葡萄畑に住む自生酵母を限りなく元気に育てること。
特に低温、低度数の時にしか働かないアピキュラ系の酵母が
大切とジルは言い切る。「ワインにフィネス、上品さを醸し出してくれる
大切な酵母なんだ」
だから発酵は低温・低アルコールの状態が長く続くようにしてある。
発酵だけでも最低で2年間、長い年は4年も発酵が続く。実に危険極まりない
造りを実施してテロワールのピュアさを追求している。
ヴェルジェのワインは最高に早くて収穫から5年以上がすぎて販売されるので
、金利だけを考えても実に厳しい経営をワインのピュアさの追求の為に
実行している。

どこまでもピュアさをねらうので発酵槽は樹脂を使用。樽は一切使わない。
どんなにわずかでも樽香が入ること避けるのがジルの造り。
そしてどこまでもピュアさを追求するためにSo2は一切添加しない
。醸造中も瓶詰め時もだ。
逆に言うと本当に100%健全な葡萄のみの使用である。
この厳格さは恐らく世界一だと言い切ってもよい。
フランスではここまで徹底しているのはヴェルジェ以外は存在していない。
ヴェルジェ夫婦のお陰で本物の純粋なブルゴーニュのテロワールを我々が
楽しむことが出来る。本当に幸せなことである。

どんな世界でも何かに全てをかけて探究する人の姿は美しいものだ・
カトリーヌとジルに感謝の気持ちをこめて彼らの命を懸けて造り上げた
1本1本を紹介させていただきたい。
このワインはヴェルジェ家が持っている畑で最も大切な畑である。
94年の古木が主体のワインで、畑にはアンモナイトなどがあり、元々海底だったころの
魚介類の化石が多くある区画。
なだらかな南向き斜面。ステンレスタンクにて4年間の醗酵&シュール・リー&熟成
その後瓶詰めし5年間のさらなる熟成。酸化のニュアンスはなく、ヴェルジェの醍醐味である
膨大なミネラルはきれいな酸で構成された、ため息のでる素晴らしいワインに仕上がっている。
TOPへ戻る